予算は無理なく

お金予算に関しては、最初に言っておきたいのが「無理なく計画する」という点です。実際に二次会の予算に関しては、参加する人もそこまで高くない方が良いと思っています。会社の場合は会社の経費で落とすことができるのですが、中には参加する人から参加費用を徴収するというところもあるでしょう。しかし、そうなると二次会には参加したくなくなることもあるかもしれません。二次会に参加する人の本音としては「費用はかからない方が良い」という意見が圧倒的に多いです。そのため、予算オーバーになってしまうほどの二次会にはしない方が良いです。

どちらにしても、あまり大々的なイベントにすると費用はより一層大きくなっていくので、予算は最初に決めてしまうのが良いです。また、予算に関しては無理することなく考えられるようにしておき、参加する人から徴収が必要な場合にならないようにするのが原則としては必要です。

ただ、二次会の内容によっては、参加費が必要となるということもあるかもしれません。そうなることも見越して、しっかり考えていくことが必要となるのではないでしょうか。もちろん、費用がかからないことに越したことはありません。幹事の方は、できる限りの節約を意識して、その上で使っていくようにしてください。近年は専門の業者もあるので、そちらに相談するのもありです。


≪関連記事≫

  1. 二次会の景品の予算
  2. 景品の質は大切
  3. 当たって嬉しいもの
Pocket